AGA

AGA対策

M字ハゲの薄毛、抜け毛の原因は様々です。男性に多いのは遺伝、男性ホルモンによる体質的な原因です。
その他には食事やストレスなどによる血行不良、炎症などによる脂漏症皮膚炎、円形脱毛症などがあります。

 

 

男性の薄毛、抜け毛、M字ハゲはAGAとして認知されるようになってきました。
最近では頭髪専用のクリニックも増えてきています。AGA治療の専門家が薬を処方してくれます。

 

 

薄毛治療は頭髪専門クリニックや皮膚科で診てもらえます。ただ薄毛治療に関して力を入れていない皮膚科も多くあります。
プロペシアの処方をしているかは電話などで確認する事をおすすめします。

 

 

薄毛対策は毛根にある毛母細胞の分裂活動を活発にする必要があります。
抜け毛は毛母細胞の活動低下によって引き起こされます。
脱毛の原因となる活性型男性ホルモンの発生を抑えることで、細胞の働きを維持することが育毛を促進します。

 

男性ホルモンに作用する特殊酵素5αリダクターゼの働きを阻害することが抜け毛対策では重要です。
そこでフィナステリドやノコギリヤシ等を使用します。フィナステリドは医師によって処方されています。

 

 

また、M字ハゲの育毛に栄養分も欠かせません。毛髪の栄養分は肝臓の機能によって生成されるものもあります。
そのため、お酒の飲み過ぎは育毛によくありません。肝臓の機能低下は髪の毛に必要な栄養を作る能力の低下にもつながります。

 

 

フィナステリドで脱毛抑制

 

フィナ

 

フィナステリドには脱毛を抑える働きがあります。男性ホルモンに働きかける5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの発生を抑える効果があります

 

男性の薄毛の多くは男性ホルモンが関係しています。DHTに変化した後に、レセプターと呼ばれる受け口と結合することで、脱毛物質が産生されます。脱毛物質は毛母細胞の働きを弱め、抜け毛を引き起こします。

 

脱毛物質によって成長期にある髪の毛が退行期に移行してしまい、細い産毛が増えてしまいます。女性の薄毛は生えてこないケースがおおいのですが、男性の場合はすぐに抜けることによる産毛化によって頭皮が透けてきます。

 

男性ホルモンによる薄毛を治療するためのフィナステリドはクリニックで処方してもらいます。日本ではプロペシアと呼ばれる脱毛治療薬です。プロペシアの価格の目安は一粒250円です。そこに初診料や診察料がプラスになります。価格は自由診療の為、クリニック毎に異なります。

 

フィナステリドの副作用として多いのが男性機能低下です。フィナステリド1ミリ錠を飲んだ男性の約5%に副作用があると報告されています。ただ、はっきりとしたデータなどは未だにありません。他には女性にフィナステリドは効果がありません。また、妊婦が服用すると子供に影響が出る可能性があるため、使用だけでなく触れる事も厳禁です。